約2年ぶりに公認大会に行ってきました。

英一です。
今日は仕事さぼって(というか日にちを変えてもらって)遊戯王の公認大会に出てきました。
行くまでに行こうと言いだしたやつが来れなくなったり、朝早くから受付と聞いて行ってみたら昼から受付だったりと大変でしたがまあかなり楽しく大会を終えることができました。

ちなみにデッキは勝つためでなく、楽しむために先日発売したばかりのエルタニンを搭載した嫁デッキこと【XYZ】です。
結果は惨敗でしたがいちおう戦績とかるい感想だけ書いときます(正式なデッキ名がわからないので名前は適当です)

ちなみにスイスドロー方式の大会です。




◆1戦目
相手:天使族 ○○

初戦はおそらく小学校高学年くらいの男の子で、2ターン目僕のターンに裏側のシャインエンジェルを殴り、繋いできたコーリングノヴァを見て僕が「へぇ、天使デッキなんだ」と言うと「今気付いたのかよ」と言われた件。
えらく生意気な子で、そのあとも僕の嫁、XYZを特殊召喚すると怒ってきたり、攻撃力3000超えのムドラにオネストしたら怒ってきたりと・・・・ってこれ完全なマナー違反だと思ったのは僕だけ?
肝心なデッキですが、アテナを一枚しか持ってないうえに、プレイングもイマイチでまあおいしく勝たせてもらいました。


◆2戦目
相手:E・HERO融合 ××

これぞ公認大会!というような方との対戦でした。
先行後攻を決めた時に「どうぞ」と言われたのでつい手札を見たら「まだ開始の合図は出てません」と言われ手札を勝手にデッキに戻してシャッフルを始められました(僕も悪いんですが)
決闘のほうも終始相手の雰囲気に押されっぱなしで、1戦目は手札がモンスター一色に染まり、壁に伏せたマシュマロはグングに殺され、2戦目は善戦はしたももの、アブソリュートを3体も出されたので後半息切れして息絶えました。また2戦目は光の護封剣を発動した時に伏せようと思ってたメタモルの名前を宣言してしまい仕方なく別のカードプレイするはめに・・・。結局その人は5位入賞でしたが、ホントきびいしい人でした。まあそのかわり僕のエルタニンの墓地送りの効果をきちんと確認したのちに破壊効果と勘違いして発動したわが身を盾にの時などは相手が待ったをかけたのでそれを認めなくてすみましたけど。


◆3戦目
相手:宝玉獣 ○××

非常に会話が弾み楽しい決闘となりました。
1戦目はXYZがすんなり出てきた上に、XYZ除去のための反乱も亜空間で逃げ切ったので楽に勝利しました。
2戦目もかなり長引いてしまい互いに譲らずといった感じだったのですが、反乱におされ撃沈。
3戦目はあと一撃で勝利だったのすが、相手のレインボードラゴンが立て続けにでてきてなすすべなしで最後の悪あがきでレインボーのみ放浪の勇者フリードで除去して撃沈。
反乱未だ強しでした。


◆4戦目
相手:ワーム ○×○

1戦目の子の弟くんとの決闘でした。
お兄さんと違い非常に礼儀正しい子で、自分のデッキに自身満々であるところはお兄さんに負けず劣らずでしたが、効果を間違えてることに気付かずあとで気付けばちゃんと謝るし、負けてもあーだこーだ言い訳せず互いにすっきりとした決闘ができました。
ちなみに言い訳をさせてもらいます(笑)と、2戦目はワーム・ミリディスの効果を勘違してライフを3000ほどバーンでじわじわ消ずられのこり75ので4ターン粘るという非常に熱い展開でした。
1戦目、3戦目は伏せモンスター主体のワームに見事にYZの裏側モンスター除去が刺さり、勝ちました。


◆5戦目
相手:パキケ弾圧苦痛ワンフー ××

1戦目は手札が罠一色に染まるという悲劇。
相手のプレイングミスもあり多少持ち直すも、パキケが表でいるときに限って来るのはサイバードラゴンという2重の悲劇で、撃沈。
2戦目は相手のライフを400まで削りきり、オネスト一発撃てれば勝ちというところで、閃光の追放者にオネスト封じされ、さらに苦痛まで発動されるという圧倒的展開で負けてしまいました。






というわけで全5戦でした。
個人的にはかなり刺激を受けた(といっても、僕や他にいっしょに参加した友達のようにファンデッキで出場してる人は少なかったですが)ので新しいデッキの構築でもしようかと思ってます。

しかし今大会を席巻してるのはやはり闇、剣闘獣、BF、デュアル植物というのは本当だったんですね、正直見ててまたこんなデッキかとなんども思ってしまい、正直うんざりでした。
はやくコ○ミもユニオンの強力サポートカードだしてくれないかなぁ・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック