『仮面ライダーディケイド オールライダー 対 大ショッカー』をやっと見てきたので感想

やっぱり平成ライダー史上最高の映画作品はパラダイスロストだよね!
英一です。

少し時間に余裕ができてきたのでやっとこさ『仮面ライダーディケイド オールライダー 対 大ショッカー』を見ました。
結構混雑してたとネットで見たので早めに行ったのですがそんなことはなく10人程度で僕は1人真ん中の一番いい席に陣取って見ました。

内容だけ言えばかなりおざなりな、良く言えばディケイドらしいもので、「まあこんなものかな」といった感じだったので、僕はお祭りライダーディケイドの真骨頂である歴代ライダーの演出とかアクションについて歴代順に書こうかと思います。


もちろんこれはかーなーりネタばれ。なのでまだ見てない人はお気をつけください。



では感想



・新一号(カラーリングより)
CMでもサイクロンでオーロラより現れるシーンや、ダブルライダーキックをかますシーンなどで非常に僕たちの心をときめかせてくれた新一号大先輩。
しかし劇場版での活躍といえばガラガランダを戦闘で倒すくらいで、あとは『うん(言わなくてもわかるよね?空気的に)』とディケイドにうなずくのみで、正直かなり微妙な扱いです。
せめて登場した際『ディケイド助けに来たぞ!』くらい言ってもバチは当たらんかったと思うんですが・・・・。

・新二号(カラーリングより)
基本新一号と同じですが、登場が2番目だったばっかりにさらに微妙な扱いです。
ほとんどしゃべらない(というかライダーいっぱいすぎて誰がしゃべってるかわからない)、アクションもほとんど出ないでもうなんだかなーっていう。
あと小さな子供があれ?同じライダーが二人いると言ってたのがすごく印象に残りました。

・V3(読み:ブイセリャァッ)
初登場は伝説の3人ライダーのバイクダイビング・・・ではなく前半に行われるライダーバトルのトリプルマッチ戦でした。
V3以外はBLACK、スーパー1と微妙なチョイス。
V3やめてストロンガー出したほうがあとあとの登場がかっこよかったのでは?と思ってしまう微妙な初登場(しかも3対1の状態でディケイドにやられる。)
いちおう必殺技をうてたから恵まれてるんだと思います。
つかすごく気になったのが8月17日配信分のナツブラで緑川さんの言ってた「V3をブイセリャァッっていうのが恥ずかしくてできないと先輩が苦労してた」という発言を聞いてたので、もうV3がどう考えても関俊彦さんにしか聞こえなかった件。
なんというモモタロス。

・ライダーマン
なんていうか・・・GACKTが出る意味あったの?
子供たちは明らかにポカーンでしたよ。
CMで「命ある限り~」のくだりがかっこよすぎてかなり期待してたのに、ちょっとがっかりでした。
あとオーロラから出てきたライダーマンの口髭の剃りあとが気になりました。髭濃すぎだろ・・・・。

・X
Xは前半のライダーバトルでユウスケの変身するクウガと戦うのでファンにはたまらないと思います。
しかもドラゴンロットとライドルの攻防はけっこう楽しめるのではないかと。
あとキングダーク登場時に鈴村声で「あ、あれはっ!」と言うんだけど、緊張感なさすぎて泣けてきた。

・アマゾン
なぜ智一に声を当てさせた・・・・。
もうなんか今にも「転校生、あいはおまえを殴らなあかん」とか言いそうでいろんな意味で緊張した。
声があってない気がする。
TV版のエンリケの声に慣れてるからってのもあると思うけど、そのままエンリケで良かったと思う。
エンリケの気の抜けたような「ジャグアクショ~ン」「ダイセツザ~ン」は個人的に大好きだったので。
初登場は冒頭でのライダーバトル。
ディケイドの腕に「ジャグアクショッーン」します。ディケイドは痛がりながらも割と平然とカードの装填を繰り返しますが。
それとなぜか海東がギギの腕輪盗んでたのに変身でた件(戦闘中にギギの腕輪してるのか見るの忘れてた)
アオマゾン、ディエンド、トモダチ

・ストロンガー
なんか大した活躍もなく終わったのでよく覚えてない(さして好きなライダーでもないしね(笑))
いちよう電気人間的な技は使ってた(さして好きなライd)ry)
ブレイドと戦ってたけどさして好きなライd)ry

・スカイライダー
スカイキック使ってた!
なんか影が昭和ライダーの中でもかなり薄いスカイライダーがスカイキックで敵を倒してた!
あと我らが名護さんのイクサさんもスカイライダーがビルからつき落してた!

・スーパー1
V3と一緒に前半のライダーバトルに登場しキックホッパーっぽい赤心少林拳を放ってた。
声はたぶんどっちかの関さんだと思う。
軽い感じの声だったけど意外とあってた気がする。

・ZX
前半のライダーバトルで龍騎と戦って龍騎がミラーワールドに逃げ込んだところをすかさず鏡を割って龍騎を現実に引き戻してた。
龍騎も「うお!?」とミラーワールドから出てきたけど、そんな設定あったかどうかは僕は覚えてない。

・BLACK
もうね、てつをが声を当ててると思うだけで満足するしかないよね。
大した活躍はしないけど、名乗りとライダーパンチをディエンドにかまそうとして失敗してくれたから僕は満足です。

・BLACK RX
ディケイドを除くゲストライダーで唯一他のフォームが搭乗したライダー。
いつ見てもバイオライダーはチートだと思うのは僕だけ?
初登場は前半のライダーバトルでVSディケイド(2戦目)
「俺は太陽の子!仮面ライダーBLACK RX!」これが聞けただけで満足です。
余談だけどパンフレットで、てつをがBLACKを深夜枠で1クールでもいいからしたいと言ってたけど、THE FIRSTみたいにリアル路線の映画にすりゃそれなりに客も入るんじゃないかな?
だって緑川のアニキもTHE NEXTを劇場で見てるくらいだもの。

・シン
1人他のライダーと違う異彩を放ってた。
それだけ(笑)

・ZO
Jとキャラかぶり(デザイン的な意味で)してたのでそんな活躍してなかった。
まあ仕方ないよね。

・J
Jパワーがさく裂してた!
Jを知らない子供たちは突然ディエンドが「僕のお宝さ!」とか言いながらJの肩にのかって出てきたのでポカーンだった。おそらくみんな「なんでこのライダーウルトラマンみたいになってるんだよ・・・・」と思ってたと思う。
僕も予習を兼ねてシン~Jまでの映画を見てなかったら絶対ポカーンだった。
まあJの本編のほうも無言の戦闘シーンでポカーンだったわけですが。

・クウガ
ライジングアルティメットクウガとか名前長すぎるだろ・・・・JK。
なんかゴタゴタしすぎて何がなんやらでした。
前半のライダーバトルでのXとの戦闘は非常におもしろかったです。
あとはなんかよくわかりませんでした。アルティメットフォームよりライジングアルティメットのほうが弱く感じました(笑)

・アギト
せっかくホンモノが友情出演したってのに扱いがあんまりすぎた。
戦闘もたしてピックアップされるでなく、ストーリーの根幹にかかわるでなくでもう非常に残念で仕方ない。
TV版でもあんまりディケイドに変身してもらえなかったし、東映スタッフはアギトがあんまし好きじゃないのかな?

・龍騎
TV版では大活躍の龍騎ですが、映画では前半でZXと戦闘をするのみであとは大した活躍は見せませんでした。
まあ彼はアギトと違ってTV版で優遇されてるから別にいいよね?答えは聞いてない!

555
前半はディケイド555として必殺技を放ち、中盤ではファイナルフォームライドでファイズブラスターに変形して死神博士を倒すというそれなりの扱いで満足でした。
つか555はやっぱかっこよさが別格だとおもいました。
できれば半田健人が友情出演してくれたら最高でした。

・剣
ナゼデヴァンガスクナイノデスカァ!?
いちようファイナルフォームライドでディエンドに使われましたが、それ以外には目立つこともなく帰って行きました。
まあ次のディケイドの放送でホンモノのオンドゥル王子が出てくるし気にせずいきましょう(笑)

・響鬼
前半のライダーバトルでディケイド響鬼として登場。
そして後半の大ショッカーとの乱闘シーンでも音撃棒を駆使して戦ってました。
響鬼もシンほどではないにせよ非常に異彩を放つライダーだなと改めて実感。
つか細川さん声だけでも出てほしかったなぁ。

・カブト
前半のライダーバトルではRXと戦いでディケイドに変身され、クロックアップをするものの、ロボライダーのボルティックシューターによって阻止され、後半の大ショッカーとの乱闘シーンにて新1号、新2号、キバなどといっしょに爆風からのライダーキックを決めた後、おばあちゃんが言ってたポーズをとってました。
つかあの乱闘シーンみて思ったんだけど、カブトはクロックアップすればショッカー戦闘員全滅くらいわけないと思うんだけど・・・

・モモタロス
もうね、東映はそろそろ電王という作品から卒業するべきなんだよ。
いつまでもモモタロスに頼るべきじゃない。そう思った夏の日。

・キバ
なんか崖の上からショッカーたたき落としたり、新1号と共に先陣切って戦いに行ったりとかなりアクティブに活躍していたキバ。
キバのライダーは非常にいいデザインなのにストーリーが台無しにしてたんだよな、と改めて実感。
このキバはかなりかっこよかった。

・ディケイド
ディケイドのファイナルフォームライドは必見!
Jパワーを駆使してキングダークと戦うぞ!
つかね、もういろいろ他のライダーが凄過ぎてなにも覚えてないよ!
Jに寄生して巨大化したのがすっごい驚いたくらいだよ!
もう士意味わかんねぇYO!
つかディケイド強すぎだろ・・・V3、スーパー1、BLACKの3体相手にして普通に勝つとか半パネェ・・・。

・ディエンド
なんかすっごいいい人と化してた。
なにこの海東。
無邪気に「僕のお宝さ!」とか言ってJつれてくるあたりもうこいつが主人公でいいと思う。
つかインビシブルで途中退場はもはや彼の十八番と化してる件。

・W
なんかさらっと現れてさらっと今までディケイドとライジングアルティメット状態のクウガが苦戦してたシャドームーンをさらっとぶっとばした件。
あのときばかりは完全にディケイドが引き立て役のかませ犬と化してた。
つかパンフにも1号、2号ですら小さくコマ割り紹介なのに、でかでか1ページ使うってどうよ・・・・・。





こんな感じでしょうか。
他にも王蛇にたいしてライアとガイが復讐したり、兄貴(キックホッパー)VS相棒(パンチホッパー)とか結構戦いに関しては満足度が高い一本です。
正直ディケイドはストーリーがどうとかっていうより、いかにディケイドと他のライダーが絡むかってところに見どころがあると思うのでこの映画はこれでいいんだと思います。
終盤のオールライダーライダーキックはもっともったいぶるのかと思ったらかなりあっさり目で、この映画は全体的にあっさりな映画なんだなとその時確信しました。
前述の通りラスボス的位置づけのシャドームーンも次回作のライダーがなんの問題もなく倒していくし。



まあお祭りライダーとしての役目は十分に果たした作品なのでライダーに思い入れのある人は見て損はないと思います。


まあ次にディケイドに会えるのは冬らしいのでそれに期待。
Wとの共演作品なんだろうなぁ。





web拍手

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック